MENU

アイフルの決め手はサービス

消費者金融のキャッシング商品はあまり多くないというイメージがあります。とにかく急ぎの時にさっと利用するという方も多いのですが、実は消費者金融もたくさんの種類のローン商品を取り扱っているところもあるのです。その代表がアイフルなのです。

 

アイフルでは、通常のカードローンとして利用できる商品だけでなくおまとめや借り換えローンもあります。目的ローンや少額を書類レスでさっと契約できるわんポチッとという使いすぎないローンも扱っており、自分がどのようにキャッシングしていきたいかによって選びとれるのです。

 

他にも年収の規定はありますがとても低金利のローンや、ビジネスローンなども取り扱っていますので、必ず自分にピッタリのものを見つけられるでしょう。色々なキャッシングがあるメリットは、希望に近いところを見つけやすいと言えるでしょう。

 

その他にも、アイフルが他の消費者金融と比べて大きな違いとなっているのは、細やかなサービスということがあります。申し込み時に自動契約機を使う方にとって、タッチパネルが苦手と感じることも多いようです。そんな方には自動契約機のように自分一人だけブースに入って、電話を利用して契約することができる方法もアイフルでは利用できるのです。

 

また、キャッシングのためのカードを受け取る時間を指定することもできますので、家族に知られずにカードを作りたい場合にもおすすめの方法です。

 

金利や限度額などカードローン口コミ比較してみても、そのスペックに大きな違いがない場合には、こういったサービスの違いを元に借り入れ先を決める方が多いのではないでしょうか。アイフルの充実したサービスなら、どなたが申し込みをしても必ず満足できるでしょう。

消費者金融の株価で一番大事なことは

消費者金融の株価は、賃金業法の改正により上限金利が引き上げられた時に軒並み続落しました。グレーゾーン金利が廃止されたことによって利息の過払い請求が生じて、消費者金融の利益が大幅に落ちたことが理由として挙げられます。過払い請求がピークを超えると、ある程度は株価が回復しました。株価に影響を与える要素としては日銀の量的緩和です。資金が銀行に流れるため、銀行の株価が上がり、銀行関連の消費者金融の株価にも影響を与えます。

 

一時は過払い請求や上限金利の引き下げによって壊滅的なダメージを受けた消費者金融業界ですが、回復基調となりました。基本的に他の業界と同じく、景気動向の影響を受けます。過払い請求のピークアウトによって回復基調に乗るのです。大手の消費者金融が大幅な営業増益を記録すると、株式市場では人気の銘柄になるためそういった時期も株価が上昇することが考えられます。

 

総量規制や上限金利などの規制緩和もポイントとなります。貸し倒れの傾向には変化がないため、株価上昇が上昇したということもあります。不景気の時の方がお金を必要とする人、つまり需要は多いように思われますが、消費者金融の方も資金難に陥って審査が厳しくなるので供給制約がかかります。ですから景気がいい時の方が業績は上がり、株価も上がる傾向にあります。消費者金融業界はお金を直接扱う業界のため、株価も景気や政策などの影響をどうしても受けやすい傾向があるのです。